画面●「ワタシプラス」のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 資生堂ジャパンは2016年4月、顧客向けネットサービス「ワタシプラス」で、マーケティングデータを一元化する「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」を、クラウドサービスを使って構築(画面)。顧客のWebサイト閲覧履歴をリアルタイムに取得/蓄積できるようにした。DMPを活用し、効果的なマーケティング施策の実現を目指す。

 「顧客一人ひとりが今、この瞬間に何を考えているかを知りたい。それをつかんですぐにアプローチすれば、顧客満足度を高めたり、その人の行動を後押ししたりできる」。資生堂ジャパン ダイレクトマーケティング部 Web推進室の熊谷健二グループマネージャーはこう話す。ワタシプラス内には、美容に役立つコンテンツや同社の製品情報などがそろう。これらの閲覧履歴は、顧客の興味や関心を推し量るうえで重要な情報となる。

 これまでワタシプラスでは、「Sybase IQ」(現在の名称は「SAP IQ」)を使った、マーケティング用DWH(データウエアハウス)をオンプレミス(自社所有)環境で運用していた。会員情報やワタシプラスのECサイト上での購入履歴を管理するほか、店頭向けの会員制サービス「花椿CLUB」の情報も蓄積し、マーケティングに利用していた。

 Webサイトの閲覧履歴もリアルタイムに蓄積したいという業務ニーズがあったが、「従来のDWHでは、機能や容量の面で難しかった」(資生堂ジャパン ダイレクトマーケティング部 Web推進室の吉本健二氏)。閲覧履歴は、Webサイトのアクセス分析ツールから手作業でデータを取り出して加工し、DWHに入力していた。手間が掛かるので作業は月に1~2回にとどまり、活用までに時間を要した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら