図1●情報処理安全確保支援士制度に関する「中間取りまとめ」の概要
(出所:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年度から、サイバーセキュリティ人材の育成・確保を狙った新たな国家資格「情報処理安全確保支援士」制度が始動することが固まった。現行のセキュリティ試験である「情報セキュリティスペシャリスト(SC)試験」をベースとしつつ、「登録制」と「講習受講義務」を導入することで、セキュリティ人材の量と質の確保を狙う。

 4月15日に国会で関連法が可決・成立し、同月27日に経済産業省産業構造審議会の「試験ワーキンググループ」が制度設計についての「中間取りまとめ」を発表した(図1、関連記事:情報セキュリティスペシャリスト合格者は「情報処理安全確保支援士」試験免除へ)。

 今後は経産省と、制度の実施主体となる情報処理推進機構(IPA)による細部の詰めに焦点が移る。経産省は「中間取りまとめに基づいて準備を進める」としており、実質的に制度の大枠は固まった。資格取得を目指す人や、該当者を雇用する企業は、制度をよく理解しておく必要がある。

試験内容はセスペを踏襲

 経産省とIPAは国家試験の情報処理技術者試験において、2009年度から「情報セキュリティスペシャリスト(SC)試験」を実施してきた。新制度を担当する経産省の小池雅行・地域情報化人材育成推進室長は「SC試験はペーパーテストの限界はあるものの、実際の事件事例を基に実務能力を問う出題もあり、一定程度機能している。この試験をさらに発展させることで、人材育成を確かなものにする」と説明する(関連記事:実際の事件を基に出題されるセスペ試験、受験への取り組みを業務に生かす)。

 具体的には、2017年度から年2回(春・秋)、「情報処理安全確保支援士試験」を実施する。これに伴い、これまで実施してきたSC試験は廃止される。

 ただし、支援士試験はSC試験の出題内容をベースとしたものになり、情報処理技術者試験と同じ日・会場で実施する予定である。名称は変わるものの、SC試験が実質的には“継続”する形になる。

登録者には秘密保持義務も

 支援士と現行のSC試験との最大の違いが登録制だ。支援士試験合格者や全部免除対象者が申請すると、支援士として登録される。登録情報はWebサイトなどの場で公開。サイバーセキュリティの専門人材不足に悩む企業が探しやすいようにする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら