セゾン情報システムズは2016年3月28日、クレディセゾンと同社子会社のキュービタスから受注した大型システム開発案件の開発遅延のために2社から損害賠償を請求されていた問題で、和解する方針を決めたと発表した(関連記事)。

 クレディセゾン側は遅延に伴う資産除却損を2015年3月期に計上。セゾン情報に賠償を求めていた。

 セゾン情報が支払う和解金は合計149億7500万円。これは、セゾン情報が受け取っていた開発費などの対価と同額で、“全額返金”という厳しい和解内容だ。ADR(裁判外紛争解決)機関「ソフトウェア紛争解決センター」の中立評価手続きを経て最終決定する。

投資総額約2000億円のシステムの一部

図●クレディセゾンとキュービタスが開発する「共同基幹システム」の構成
出所:クレディセゾン「2015年度第2四半期決算説明資料」と、同社への取材を基に作成
[画像のクリックで拡大表示]

 開発遅延は、クレディセゾンとキュービタスが2008年頃から開発してきた「共同基幹システム」で起こった。「セゾン」「UC」ブランドの顧客情報を一元管理するもので、投資総額は約2000億円に上る。

 クレディセゾン側の説明によれば、日本IBMなどに発注した本体と周辺システムの開発は完了済み。だが、セゾン情報に発注した「帳票・外部インタフェースシステム」の部分が未完成であるため、システム全体を利用できない状況だ()。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら