「新たな決済サービスが台頭すれば、CAFISを利用する金融機関や加盟店が減る。そうした将来に危機感を持っている」。こう話すのはNTTデータ ITサービス・ペイメント事業本部 カード&ペイメント事業部 第一開発統括部 システム企画担当の宮原秀友課長代理だ。

宮原課長代理(右)と大原課長
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2018年度上期をめどに、スマートフォンのアプリを使った決済サービス事業に乗り出す。同決済サービスは、クレジットカード決済インフラ「CAFIS(キャフィス)」を利用する。

 最終消費者である利用者は、スマホのアプリに銀行口座を登録すれば利用できる。クレジットカードは必要ない。NTTデータがスマホアプリを使った決済サービスを提供するのは初めてとなる。

 NTTデータが同サービスを始める背景には、金融とITを融合させた「FinTech」に対する危機感がある。「スマホのアプリをチャネルとして、決済が可能になる手段が増え始めた。CAFISのネットワークを迂回されてしまう」(宮原氏)。

 例えば、LINE子会社のLINE Payが提供する同名の決済サービス「LINE Pay」は、銀行口座から直接チャージして利用できる。このほか、中国発のQRコード決済「支付宝(Alipay)」「微信支付(WeChat Pay)」も、中国の銀行口座を登録し、クレジットカード決済のネットワークを使わずに利用するものだ。

 NTTデータはこうした新興勢力に対抗するために、銀行口座から直接支払いが可能なスマホ決済サービスに乗り出す。競合に対しての優位性は「既にCAFISを利用している金融機関がサービスに対応しやすいこと」(宮原氏)と説明する。CAFISには流通・小売業などの加盟店約2000社、金融機関約1600社、クレジットカード会社約120社が加盟している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら