ユーザーやSIerが主導して、製品やサービスに関する勉強会を草の根的に開催するケースは少なくない。だが、勉強会を束ねる組織までをユーザー/SIer主導で作る例はまだ多くない。2015年2月20日に開設された「kintone Cafe」の運営事務局はその一つだ(写真1)。

写真1●運営事務局開設を発表した「kintone Cafe 東京 Vol.2」(東京・渋谷)の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 kintone Cafeは、サイボウズのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)「kintone」のユーザーやSIerが一緒に学んで教え合おうという勉強会コミュニティーだ。kintoneに触れたことのない人や、高度なカスタマイズをしたい人を対象として、勉強会を実施している。

 kintone Cafeの第1回は2013年12月に開催。その後、2015年3月までに全国で30回以上開催した。いずれもサイボウズは運営に関わっておらず、全国各地でユーザーやSIerの有志が自主的に実施しているという。

 今回、kintone Cafeの運営事務局を開設した狙いは、各地でkintone Cafeが拡大してきたことを受け、コミュニティーを組織化して、情報交換や教育・啓蒙、ベンダーに対する要求を出す、といった活動を強化していく点にある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら