「観光とICTを掛け合わせて、外国人観光客をもっと呼び込みたい」――。秋元克広札幌市長は2016年1月19日、日本マイクロソフトとYRPユビキタス・ネットワーキング研究所(以下、YRP UNL)と共同開催した「オープンデータによる都市全体の外国人観光客の受入環境整備事業」に関する実証実験実施の記者会見で、こう意気込みを述べた。

 本事業は総務省のオープンデータ・ビッグデータ利活用推進事業の一つを、日本マイクロソフトとYRP UNLが札幌市の全面協力を得て受託したもの。観光・施設情報、スポーツ情報、公共交通情報などのオープンデータを活用したスマホアプリを開発し、外国人観光客向けに観光やイベント観戦に役立つ情報を提供する。予算額は約4000万円という。

ucodeとAzureを活用

 アプリ開発では、オープンデータの流通基盤として「Microsoft Azure」、自動翻訳サービスに「Micfosoft Translator」、利用者の位置情報の取得にYRP UNLが開発したucodeビーコンを活用する。

 ucodeは「モノ」や「場所」などに対して割り当てる、国際標準規格の固有識別番号だ。実証実験で開発するアプリはucodeにオープンデータと自動翻訳サービスを組み合わせ、現在地の案内情報、イベントや買い物情報、鉄道やバスの30秒ごとの位置情報などを利用者の母国語で表示する()。

図●札幌駅地下街でのucodeビーコン活用例。スマホを持ってビーコンに近付くと場所情報を自動で配信する
[画像のクリックで拡大表示]

 言語は現時点で日、英、中(2種類)、韓、タイの6カ国語に対応する。ucodeを発信するBluetooth Low Energy対応のucodeビーコンは、現在札幌駅地下街に11カ所、大通公園に11カ所設置している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら