米マイクロソフトは2015年1月21日(米国時間)、次期OS「Windows 10」へのアップグレードを無償で提供すると発表した(関連記事:「Windows 10」へのアップグレードは1年間無償、Windows 7以降から写真1)。

写真1●Windows 10の技術プレビュー版の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 同社のサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)が打ち出した「OSライセンスの一部無償化」の方針を、さらに推し進めた形だ(関連記事:「Windows無償化」で裾野拡大へ写真2)。

写真2●Windows 10について説明する米マイクロソフトのサティア・ナデラCEO
[画像のクリックで拡大表示]

 背景には法人ユーザーでの利用が多いWindows 7や、普及が進まぬWindows 8/8.1から最新OSへの移行を促進し、他社OSからの巻き返しを図りたいとするマイクロソフトの狙いがある。

 同社は今回の発表で、Windows 10のリリース後1年間に限り、Windows 7/8/8.1から無償でアップデートできることを明らかにした(8のユーザーはまず8.1へのアップグレードが必要)。さらにWindows 10にアップデートした後は、デバイスのサポート期間中、常に最新の機能を提供する。

 日本マイクロソフトによると、「デバイスのサポート期間中であれば、メジャーアップデートに相当する場合でも無償で最新の機能を提供する見込み」という。これは同社がOSのメジャーアップデートによる収入を捨ててでも、Windows 10への移行を進めたいとする意向の表れだ。ナデラCEOはこの戦略を「Windows as a Service」と称した。

アプリやデバイスの開発を活性化

 MSが最新OSへの移行を加速する大きな狙いは、アプリケーションやデバイスの開発者から見たWindowsの魅力を高めることにある。ユーザーが利用するWindowsのバージョンが最新版に統一されれば、開発者にとっては複数バージョンに合わせてアプリやデバイスを開発する負荷が減る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら