写真1●左から米トレジャーデータの太田一樹氏、ゼンアーキテクツの岡大勝氏、ドリーム・アーツの石田健亮氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年のキーワードは「Docker対抗」「システム内製」「高速道路化」---。2015年、IT分野でどんな技術的なトレンドがやって来そうなのか。米トレジャーデータの太田一樹氏、ゼンアーキテクツの岡大勝氏、ドリーム・アーツの石田健亮氏という業界を代表する3人のトップエンジニア(写真1)に予測してもらったところ、浮上したのがこの3つのキーワードだ。

 この3人には2013年末、2014年のITトレンド予測を依頼していた。そのとき挙がったのは「Docker」「使い捨てインフラ(Immutable Infrastructure)」「エンタープライズアジャイル」といったキーワード。これらはまさに2014年のITトレンドを象徴する言葉だった。

「Dockerブーム」その先に来るものは?

写真2●トレジャーデータの太田一樹氏(創業者兼CTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずトレジャーデータの太田氏(創業者兼CTO、写真2)が挙げたのは「Docker対抗」だ。Dockerとは米Dockerがオープンソースで開発を進めているコンテナー型仮想化技術である。2013年3月に最初のバージョンが公開された新しい技術だが、急速に開発が進み、2014年一大ブームを巻き起こした。実際にクラウド関連ニュースなどでDockerというキーワードを見かける機会は確実に増えている。

 太田氏は2015年、このDockerの勢いは衰えないとしながらも、独走し続けるとは限らないと見ている。既に有力な対抗馬となりそうな技術が登場している。米CoreOSが開発するコンテナー技術「Rocket」だ(関連記事:「Dockerに欠陥」、米CoreOSがコンテナー管理ソフト「Rocket」公開)。

 太田氏は、「Dockerもまだテスト環境や開発環境の一部で使うといったケースが多く、本番環境への導入は多くの企業ユーザーがこれから検討するという段階。昨今のブームは少々盛り上がり過ぎではないかと感じるほどだ」と話す。現状では、先行するDockerがデファクトスタンダードになる可能性が最も高そうな位置にいるものの、決着が付いたわけでなく、少なくともOSS分野ではRocketの他にも様々な選択肢が今後出てくるだろうと予測する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら