2017年は人工知能(AI)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)などによる社会や産業の変革を、ますます実感する1年になりそうだ。

2017年の主な注目分野
[画像のクリックで拡大表示]

 AIは自動運転や医療、金融など、より高度な分野への応用が進む見通し。2016年12月22日には米グーグルから独立したWaymo(ウェイモ)と本田技研工業が、自動運転の共同研究に向けた検討を始めたと発表するなど、話題に事欠かない状況が続きそうだ。

 IoT分野では通信方式が大きく進展しそう。無線通信「LPWA」の商用利用が本格化するからだ。

 LPWAは「Low Power Wide Area」の略で、低消費電力と長距離通信に加え、低コストが特徴の無線技術だ。方式や利用条件によって変わるが、単三電池で5~10年稼働、一つの基地局で半径10km以上をカバー、チップ価格が5ドル以下という性能を持つ。

 LPWAの主要方式は「LoRaWAN」「SIGFOX」「NB-IoT」の三つ。2016年後半に実証実験が活発に行われた。2017年には商用展開が始まる。

3大LPWA方式の比較
(出所:エリクソンの資料を基に編集部が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 3方式の中で最も早く導入が進みそうなのがLoRaWANだ。免許不要で電波が遠くまで届きやすい920MHz帯を使う。基地局装置(LoRaゲートウエイ)を購入し、自営のIoT無線ネットワークを構築できる。2016年にはソラコムやスカイディスクなどが、ゲートウエイと通信モジュールをセットにした実証実験キットの提供を始めた。2017年3月には、日本IBMが7社のパートナーと連携してLoRaWANのサービスを開始する。

 三つの主要な通信方式には一長一短がある。使われるデバイスの台数が多いほどコストが下がり、普及に拍車が掛かる。2017年はどの方式が良いスタートを切れるかが問われるだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら