「すべての企業がデジタル化を進めるべきだ。すべての商品・サービスはデジタル化によって、より良いものになる」。米ガートナーのマーク・ラスキーノ バイス プレジデント 兼 ガートナーフェローはデジタル化の必要性についてこう語る。経営層のリーダーシップやイノベーションについての研究を担当する同氏に、デジタル化の意義や、CEO(最高経営責任者)やCIO(最高情報責任者)は今後どんな役割を果たすべきかを聞いた。

(聞き手は矢口 竜太郎=日経ITイノベーターズ日経コンピュータ


写真●米ガートナーのマーク・ラスキーノ バイス プレジデント 兼 ガートナーフェロー
[画像のクリックで拡大表示]

ガートナーは「デジタル・ビジネス」というキーワードを使って、すべての企業がデジタル化を進めるべきだと主張しています。今、デジタル化が必要なのでしょうか。

 我々が主張するデジタル・ビジネスの意味は、「デジタルな世界と物理的な世界の境界をあいまいにすることで、新たなビジネス・デザインを創造すること」です。決して、デジタルマーケティングなどの狭い分野を指すのではありません。デジタル化によってビジネスの本質が大きく変わるのです。

 質問に対する答えは「Yes」です。なぜなら、すべての商品・サービスがデジタル化によって、より良いものになるからです。デジタル技術を使って変わるものは、販促手段や販路だけではありません。デジタル技術によって「商品そのもの」をより良いものに変えていくことが求められています。

 例えば、私の目の前にある、ミネラルウォーターが入ったペットボトルも、私が座っている椅子も、この部屋のカーペットも、デジタル技術を駆使することで、より良い商品になるでしょう。すべての企業はこの事実から避けられません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら