「企業によるIoT(Internet of Things)のデザイン、導入、運用に対する2014年度の支出は400億ドルを超え、あらゆる設備・機器、価値あるすべてのモノには、センサーが内蔵されていく。多くの資産を有する大手企業では、IPアドレスを有するモノの数が、2020年までに50万以上に上る」――。米ガートナーはこのようにIoT分野の進展を展望している(同社発表資料)。

 とはいえ課題も多い。同社リサーチ部門バイスプレジデント 兼 ガートナー フェロー、ハン・ルホン氏は、2015年に向けて、ITリーダーと各種設備の担当リーダーとの連携に向けた話し合い、ユースケース発掘のための実験的な取り組みの着手、戦略的ITパートナーの見極めなどに着手すべきだと提言している。

(聞き手は井上 健太郎=イノベーションICT研究所


IoTに対する期待が高まってきた理由をどう捉えているか。

米ガートナー リサーチ部門バイスプレジデント兼ガートナーフェローのハン・ルホン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、データ取得コストの低下が挙げられる。従来も、各種装置をネットワークでつなげる取り組みはもちろんあった。私は25年前は米ゼネラル・エレクトリックの技術者だったのでユーザーとして覚えているが、インターネットを使わずに燃料節約のために、ガスタービンエンジン1台当たり回転数など250個の計測ポイントのデータを、30秒間隔で合計4000台から収集するのは大変なコストがかかった。しかし、インターネットを活用してデータを収集すればデータ収集に要するコストは10分の1から100分の1になる。

 別な側面として、モバイル端末用のアプリケーションを作りやすくなったことも要因の一つだ。

 また、センサーを変圧器に取り付けるなどデータソースを増やすことで電力供給網を1~2%効率化できることも、およそ10年にわたる調査研究を経てメドが立った。これらの動きがIoTが注目されてきた背景にある。

 企業にとっては、既に稼働しているガスタービンエンジンなど各種装置にセンサーなどを取り付けるだけでエネルギー効率を5%改善できたなど、生産性やコスト節約をもたらせるだろう。消費者向けのサービスでは、どこが空いているかすぐに分かるスマートパーキングを実現するなどで、利便性を提供できる。

どんなITベンダーに注目するべきか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら