米Intel社が2015年4月2日に発表したLinux版のスティックPCである「Compute Stick STCK1A8LFC」。出荷が遅れていたが、ついに8月末から日本でも購入可能になった。Bluetooth対応やリカバリー機能など、Linux版ならではのメリットをレポートする。

図1●Intel Compute Stick
図1●Intel Compute Stick
本体サイズは幅103.4×奥行き37.4×高さ12.5mm。

 Compute Stickには、今回発売されたLinux(Ubuntu 14.04 LTS)版のほかに、6月12日発売のWindows 8.1版がある(図1表1)。CPUは同じで、メモリーとストレージの容量が違い、価格差は5000円ほど。Linux版の実機をテストして、Windows版に自分でUbuntuを入れる場合と比べたメリットを確認した。

表1●Windows版とLinux版の仕様
表1●Windows版とLinux版の仕様
図2●外出先のテレビやディスプレイをパソコン代わりに
図2●外出先のテレビやディスプレイをパソコン代わりに
動作保証外だが、携帯電話用のモバイルバッテリーでも動作した。

 スティックPCは、液晶ディスプレイやテレビなどのHDMI入力端子に装着して使う(図2)。USB端子が一つしかないので、最初のセットアップ時はUSBハブを利用して、キーボードやマウスなどをつなぐ必要がある。

 Linux版のメリットは、セットアップ後すぐに無線LANとBluetoothが使えることだ(図3)。Windows版にUbuntuをインストールした場合、初期状態では無線機能が使えず、手作業でドライバをインストールする必要があった。インストール後もBluetoothの動作が非常に不安定だった。Linux版なら、セットアップ後はBluetoothキーボードとマウスが安定して利用できる *1。一つしかないUSB端子をふさがずにすむメリットは大きい。

図3●最初のセットアップ時の画面
図3●最初のセットアップ時の画面
最初に言語を選び、タイムゾーンやキーボード、ユーザー名などを設定する。この時点で無線LANなどの利用も可能だ。セットアップ完了までは10分程度。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら