FreeBSDの開発者であるBrad Davis氏は、ラズパイ向けFreeBSD「RaspBSD」をリリースした。Raspberry Pi 1モデルB/B+とRaspberry Pi 2モデルB用のイメージがあり、SDカードから容易に起動できる。今後ラズパイ専用のカメラジュールなどへの対応を進める。

 FreeBSDは、オープンソースのUNIX系OSだ。UbuntuやFedoraなどのLinuxディストリビューションと同じような使い方ができる。FreeBSDでは、2012年11月からRaspberry Pi(ラズパイ)のサポートを開始。2015年3月には、Raspberry Pi 2にも対応した。

 このFreeBSDの最新版「FreeBSD 11」をベースにしているのが、ラズパイ向けの「RaspBSD」だ。RaspBSDの公式サイト(http://raspbsd.org/)で、Raspberry Pi 1モデルB/B+とRaspberry Pi 2モデルBに対応する2種類の「Graphical Images」ファイルを配布している(図1)。Graphical Imagesファイルは、ラズパイにディスプレイとキーボードを接続した状態でFreeBSDが稼働するもの。なお、ディスプレイに表示される画面はGUIではなく、テキストベースになる。

図1●RaspBSDの公式サイト
図1●RaspBSDの公式サイト

 今後、シリアルコンソールやネットワーク経由で操作する「Console Images」のファイル、ラズパイと同じ組み込み向けCPUボードの「Banana Pi」や「BeagleBone Black」で動作するRaspBSD、Raspberry Pi専用カメラモジュールのサポートなどの提供が予定されている。RaspBSDというラズパイ専用のプロジェクトが立ち上がったことで、FreeBSDのラズパイ対応が加速しそうだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら