Linux技術者認定試験(LPIC)の国内の受験者数は、2015年3月時点で25万人を超えた。認定者数は同2月時点で8万8000人以上という。LPI-Japan理事の鈴木敦夫氏(写真)に、ITエンジニアにとってのLinux技術の必要性やLPIC試験が提供する価値、試験の改訂などについて聞いた。

写真1●LPI-Japan理事の鈴木敦夫氏
写真1●LPI-Japan理事の鈴木敦夫氏

Linux技術やLinux技術者を取り巻く現状を教えてほしい。

 Linuxやオープンソースソフトウエアは現在、どこでも普通に利用される技術になっている。SIerでシステム開発を手掛ける技術者、ITインフラの技術者、アプリケーション開発者など、あらゆるITエンジニアにとって、オープンソースは知らないで通ることができない技術だ。OpenStackやDockerなど注目すべき新技術も登場しており、これらの技術の適用領域を理解する上でも、Linuxの知識は必須といえる。

そうした環境で、Linux技術者に求められるのはどんなスキルか。

 システムがどのような仕組みでどう動くのかを理解し、問題や課題に直面したときに、自分の力で調べてプロアクティブに物事を考えるスキルが必要だ。オープンソースの世界には技術者の自発性、積極性を重視する文化があり、Linuxを学んでいくと、こうしたスキルが自然に身に付きやすい。

LPIC試験はLinux技術者にどのような価値を提供するのか。

 LPICの試験は、技術者の成長をリードするという視点で開発されたものだ。レベル1から3まで3段階の試験を提供しており、レベル1のスキルを前提にレベル2、レベル2を前提にレベル3、という風に、段階を追って必要な技術を認定するようになっている(表1)。

表1●三つのレベルで認定されるLPIC試験
表1●三つのレベルで認定されるLPIC試験
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら