スイッチサイエンスはLANケーブルを差すだけでRaspberry Piを稼働できるようにする「PoE基板」を発売した。Raspberry PiモデルB+に覆い被さるようにコンパクトに装着できる。ボード上に自作の電子回路を組み込むことも可能だ。旧モデルBにも対応できるという。

 スイッチサイエンスはRaspberry PiモデルB+用の「PoE基板」を2015年1月に発売した(写真1)。PoEはPower over Ethernetの略で、イーサネットケーブル経由でハブから機器に対して電源を供給する規格。価格は4968円だ。

写真1●Raspberry PiモデルB+用PoEボード

 PoEでハブから供給される電圧は約48V。供給を受ける側は最大13W*1の電力を消費でき、Raspberry Piを動作させるには充分な容量を持つ。

 ちなみに48Vという電圧はアナログ電話回線に乗せられている電源電圧と同じで、PoEの仕様は電話回線の仕様に準じて策定されたものだ。電圧が高いため電源を入れたままの脱着が推奨されないなど若干の注意点はあるが、通常のイーサネットとほぼ同じように利用できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら