Fedoraプロジェクトは2014年12月9日、Linuxディストリビューションの新版「Fedora 21」をリリースした。「Workstation」「Server」「Cloud」の3つのエディションがあり、それぞれプロジェクト内の異なるワーキンググループで開発された。各エディションの特徴を紹介する。

 「Fedora」の最新版である、 「Fedora 21」が登場した。Fedoraは、米Red Hat社の有償Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」のアップストリームに当たり、無償で利用できる。

 Fedora 21の最大の特徴は、「Workstation」「Server」「Cloud」の3つのエディションに分かれたこと。それぞれ、プロジェクト内に設けられた異なるワーキンググループによって開発された。

 ワーキンググループは、各エディションの開発を主管する「Workstation」「Server」「Cloud」の3つのほか、各エディション対して横断的な役目を果たす「Base」「Env and Stacks」の計5つある。Baseは、カーネルやパッケージ管理システムなど、Fedoraの土台となる部分の開発を受け持つ。また、Env and Stacksは言語やアプリケーションスタック全般の開発を担う。

次世代ウィンドウシステムも搭載

 Workstationエディション(写真1)では、以下の新機能や改良が加わった。まず、デスクトップ環境「GNOME」がバージョン3.14にアップデートされている。天気情報を表示する「GNOME Weather」が位置情報認識フレームワークと統合され、場所を手動で明示的に設定する必要がなくなった。ドキュメントビューアー「Evince」はデザインが見直された。

写真1●Linuxディストリビューションの新版「Fedora 21」
写真1●Linuxディストリビューションの新版「Fedora 21」
写真は、クライアント向けのWorkstationエディション。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●プログラミング環境を整えるための支援ツール「DevAssistant」
写真2●プログラミング環境を整えるための支援ツール「DevAssistant」
さまざまな言語に対応している。
[画像のクリックで拡大表示]

 GNOME端末なども改善された。また、ポッドキャスト管理アプリケーション「gPodder」がバージョンアップされて、動画投稿サイト「YouTube」にも対応。このほか、実験的なサポートではあるものの、次世代ディスプレイサーバー「Wayland」の搭載が目を引く。

 プログラミング環境を整えるための支援ツール「DevAssistant」も搭載された(写真2)。CやC++、Java、Pythonといった言語に対応する。プロジェクトを作成するウィザードを実行するだけで、開発に必要なソフトウエア一式が導入される。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら