米国の携帯電話事業者であるT-モバイルUSが、Wi-Fi(無線LAN)上で音声通話やSMS(ショートメッセージングサービス)を可能にする「Wi-Fi Calling」の提供を開始した。ただ上位のAT&Tモビリティやベライゾン・ワイヤレスは慎重な構えを示すなど、温度差が見られる。Wi-Fi Callingの現状と将来性を分析する。

 2014年9月、米国ではiPhone 6/同Plusの発表に合わせて、携帯電話事業者が通話サービスに関する方針をそれぞれ打ち出した。特に注目を集めているのが「Wi-Fi Calling」である。

 Wi-Fi Callingとは、Wi-Fi(無線LAN)を使った音声通話やSMS(ショートメッセージングサービス)のこと。Wi-Fiで接続している環境では、SIMに付与された電話番号を使って、音声やテキストの発信/着信が可能である。このときの音声通話やデータ送受信はどこにいても国内料金の扱いとなる。

前のめりなT-モバイルUS

 Wi-Fi Callingに熱心な事業者がT-モバイルUSである(写真1)。同社は米国で初めてiPhone 6/同 Plus上でWi-Fi Callingを利用できるようにした。さらに、ユーザー宅内にWi-Fiを積極的に導入していく計画を明らかにした。

写真1●Wi-Fi Callingに積極姿勢を示すT-モバイルUSのネヴィル・レイCTO
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の狙いは、特に屋内における携帯電話ネットワークのカバレッジをWi-Fiで補完することにある。上位2社(AT&Tモビリティ、ベライゾン・ワイヤレス)に比べてカバレッジの劣るT-モバイルUSにとっては相応の効果が期待できそうだ。

 加えてT-モバイルUSは宅内用Wi-Fiルーターの「Personal CellSpot」(台湾エイスーステック・コンピューター製)を無償で配布している(最初に25ドルのデポジットが必要)。高速規格のIEEE 802.11acに対応し、Wi-Fi Callingのユーザーエクスペリエンスを向上させる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら