韓国の通信事業者であるLG U+とSKテレコムがそれぞれスマートホームサービスの提供に乗り出した。目指すは家にまつわる不安を解消し、「安心・安全」を担保すること。サムスン電子など大手メーカーも独自にサービスを展開中だ。ただ韓国内ではまだスマートホームの認知率は約5割にとどまる。韓国キャリアの戦略を占う。

 IoT(Internet of Things)への関心が韓国でも高まりつつある。話題が集中しているのは「家」を中心としたスマートホーム分野である。ドアロックやガスの元栓、電力メーターなどを遠隔操作することで、家に関わる心配を減らし、省エネにも一役買うというものだ。

 韓国ではここ1〜2年、大規模な死傷事故がたびたび発生している。その原因は安全管理や確認の不十分さであり、「人災」を指摘する声が大きい。このような社会的な背景が、直接・間接的に消費者の安全意識を高めているようだ。

通信事業者が乗り出す

 韓国のスマートホームサービスはこれまでに、サムスン電子やLGエレクトロニクスといった大手家電メーカーが提供している。スマートフォンによる家電製品の電源オンオフなどの制御や、カメラ搭載機器を通じた宅内の状況確認の遠隔サービスなどがある。

 最近の動きとして見えてきたのが、通信事業者による新たなスマートホームサービスの提供である。

 LG U+は2015年7月、展開中のスマートホームサービス「IoT@home」向けに新たな機能を追加した。IoT@homeはカメラ搭載機器やガス遮断機などホームセキュリティとエネルギー管理の機能を提供するサービス。新たに追加したのは、ドアや窓の開閉センサー、ドアロック、サーモスタット、スイッチ、プラグなどの機器である。

 IoT@homeサービスの要となるのはドングルタイプの「IoT Hub」。無線通信プロトコルのZ-WaveでIoT対応の家電機器やキッチン機器、電気機器との接続が可能だ。韓国では初となる音声での制御機能も搭載している。カメラ搭載機器の「MomCA」はLGエレクトロニクスから、その他のハブやメーターなどは中小企業やベンチャー企業から供給を受けている。

 IoT@homeの料金プランは2種類ある。一つは月1万1000ウォン(約1200円)の「無制限プラン」。接続する機器の数によらず定額のプランだ。もう一つは台数に応じて利用料金を支払う「One by Oneプラン」。1台当たり月1000ウォン(約110円)から使える。いずれも月々の利用料を低く抑え、利用者の心理的なハードルを下げている(利用する機器は売り切り)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら