ソニーは2014年9月17日、2015年3月期連結決算(米国会計基準)の業績予想で、税引き後赤字が500億円(2014年7月時点)から2300億円に拡大すると発表。1958年に東京証券取引所に上場して以来、初めて中間・期末とも配当を見送る。スマートフォンの販売が世界的に振るわないことを要因に挙げており、同事業の減損処理で1800億円の損失を計上。事業の立て直しに向け、1000人規模を削減する方針も明らかにしている。

 先週末、日本では9月19日に発売された米アップルの「iPhone 6」で大騒ぎになったが、それでもソニーのスマートフォンの存在感は高い。では海外でソニーのスマートフォン事業(ソニーモバイルコミュニケーションズ)はどういう状況にあるのか。欧米や新興国の状況を具体的に見てみよう。

圧倒的にiPhone優勢で苦戦する米国市場

 米国ではスマートフォンの利用者が2014年7月現在、1億7300万人を超え、携帯電話利用者の71.8%がスマートフォンユーザーとなっている。米国市場はiPhoneが圧倒的に強く、市場シェアのうち42.4%を占めている(表1)。2位のサムスンは28.4%で、両社を合わせると米国のスマートフォン市場のうち70%以上のシェアとなる。

メーカー2014年7月シェア2014年4月シェア
Apple42.4%41.4%
サムスン28.4%27.7%
LG6.4%6.5%
モトローラ5.7%6.3%
HTC4.7%5.3%
その他12.4%12.8%
表1●米国市場におけるスマートフォンメーカー別シェア
comScore発表資料を元に作成

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら