ソフトバンクモバイルは2014年8月18日、シャープ製の新型スマートフォン「AQUOS CRYSTAL 305SH」と「AQUOS CRYSTAL X」を発表した。「AQUOS CRYSTAL」はソフトバンクと米Sprintが共同開発したスマートフォンで、AQUOS CRYSTAL 305SHは日本では8月29日に発売する予定。同Xは2014年12月以降に発売予定である。(関連記事:ソフトバンクが「AQUOS CRYSTAL」を発表、スプリントと共同開発)。

[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクが2013年7月にSprintを子会社化して約1年が経過した。今回発表したAQUOS CRYSTALは、両社による共同開発第1弾に当たる。共同開発によって調達コストを抑えて端末価格を下げられるほか、独自の端末開発もできるとしている。

 共同開発した端末は日米両国で販売する。AQUOS CRYSTALは日本ではソフトバンクから、米国ではSprintのほかVirgin MobileやBoost Mobileで販売する予定だ。

 同時にソフトバンクとSprintは共同で総額4万円以上のアプリが月額370円で使い放題になるサービス「App Pass」を展開することも発表した。日本では、AQUOS CRYSTAL 305SHの発売日と同じ8月29日から提供する。サービス開始当初は、ゲームのほかエンターテインメント、ビジネス、ツールなど約100種類のアプリを用意する。

 さらに毎月500円分の「App Passチケット」も提供する。App Passからインストールしたアプリ内の有料アイテムなどを購入できるようにする。

T-Mobile USの追い上げで苦戦するSprint

 Sprintは2014年8月上旬、T-Mobile USの買収を断念している(関連記事:T-Mobile US買収を中断したソフトバンク、Sprint売却もあるか?)。Sprintは「2強2弱」の米国携帯電話市場で戦うに当たって、T-Mobile USを買収して「3強」となることを目指したが、米国当局から認可を得られなかった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら