米アマゾン・ドット・コムが音声アシスタント搭載スピーカー「Amazon Echo」を市場投入したのは2014年秋のこと。そこから遅れること約2年、米グーグルが同製品の対抗馬となる「Google Home」の販売を開始した。また、グーグル以外の企業も類似の製品展開を始めている。各製品の特徴と各社の狙いを解説する。

 話しかけることで必要な情報を音声で提供したり、家電などをコントロールしたりできる「音声アシスタント搭載スピーカー」。その市場をリードする米アマゾン・ドット・コムが最近になって新たなデバイスを2つ発表した。

 まずは2017年4月26日発表の「Amazon Echo Look」。同社の音声アシスタント搭載スピーカーの第1弾「Amazon Echo」にカメラを内蔵したほか、音声による自撮りを可能にし、その結果をスマートフォン上で確認できる。自分のファッションを客観的に見られるほか、人工知能(AI)を活用したファッションアドバイザー「Style Check」がアドバイスをしてくれる。

 続く同5月10日には「Amazon Echo Show」を発表した。特徴は大きく2つある。一つはタッチスクリーンを搭載していること。ユーザーの望む情報を単に音声で伝えるだけでなく、視覚的にも表現できる。もう一つはカメラを搭載したことだ。ユーザーがテレビ電話などを使えるようになる一方で、同社がユーザーに関する情報をより多く収集できるようになる可能性もある。

 この展開に、恐らくは競合他社も追従してくると考えられる。これまでの動きを見てもそれは明らかだ。

先駆けの「Amazon Alexa」

 音声アシスタント搭載スピーカーの先駆けとなったAmazon Echo。同製品に搭載された「Alexa」と呼ばれるAIが会話や制御を実現している。通常はスリープモードにあるが、「Alexa」と呼びかけることで起動し、指示に従う。2014年秋にプライム会員向け、2015年7月より179.99ドル(約2万円)で一般向けに販売を開始して以来、順調に販売台数を増やしている。2016年3月に、持ち歩き可能なバッテリー内蔵の「Amazon Tap」と、廉価版の「Amazon Echo Dot」を販売するなど、その商品群を広げている。現在の市場シェアは実に約7割に達している(図1)。

図1●米国で利用されている音声アシスタント搭載スピーカーのシェア
出所:米eMarketer(2017年4月)
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon Echoの勢力が拡大している理由の一つは、2016年6月にAlexaを一部の開発者に対し限定公開したこと。これを機に、Alexa搭載製品が一挙に拡大した。現在、Alexa搭載製品はフランスのベンチャー企業の小型スピーカーから、韓国LGエレクトロニクスの冷蔵庫まで多岐にわたる。また、2017年1月に米国ラスベガスで開催された国際家電見本市「CES 2017」では、Alexa搭載デバイスが約700も発表されたとしてメディアで大きく取り上げられた。

 このほか、Alexaの機能を開発者が独自に強化できる「Alexa Skill Kit」を公開したことも普及に貢献した。ここでいう「Skill」とは「Alexaができること」である。例えば米ウーバーや米ドミノ・ピザがSkillを作成、配布している。それにより、ユーザーは音声でそれぞれのサービスを利用できるようになった。このような動きも含めて、2016年第1四半期にはわずか135だったSkillが、2017年第1四半期には1万を突破した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら