KDDIは2014年12月23日、以前から発売予告していたFirefox OSスマートフォンを発表した。オンラインショップや「au SHINJUKU」などの直営店では、早ければ25日から購入可能となる(写真1)。

写真1●KDDI初のFirefox OS端末「Fx0」
[画像のクリックで拡大表示]

 12月23日の祝日に開催された発表イベントは「ファンミーティング」との位置付け。会場内も報道関係者の前に一般参加のFirefox OSファンが着席するなど、通常の製品発表会とは大きく異なる体裁での開催となった(写真2)。

写真2●フォトセッションではハッカソン参加者が勢揃いした
[画像のクリックで拡大表示]

 会場内では即席でアプリを開発するハッカソンを同時開催し、会場に参加できなかったファン向けにライブ中継を行うなど、開発者やパワーユーザーを主役に据えたイベントとなった。KDDIがこのような形で新しいプラットフォームを発表した狙いはどこにあったのか。

「ギーク」に語りかける言葉を持つ田中社長の強み

 一般に、これまでにない新製品の発表会では、販売見込みや生産台数などビジネス面に大きな関心が集まるものだ。上場企業であるKDDIなら、なおさらだろう。これに対して田中孝司社長はFirefox OSについて、「商売抜きで、auとして面白いことをやりたいという“ノリ”で始めた。スマホをいじる楽しみに注目してほしい」と訴えた(写真3)。

写真3●KDDIの開発担当者(写真右)とともに登壇し、Fx0の特徴を語る田中孝司社長
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら