Mozilla Japanは2014年10月5日、都内でFirefox OSのイベント「Mozilla Open Web Day in Tokyo」を開催し、アプリ開発者やデザイナー、コミュニティに向けて同OSの最新事例を公開した。

 会場ではKDDIがブースを出展し、「Open Web Board」を始めとする取り組みを紹介した。また、Firefox OS端末の12月発売を発表し、会場を驚かせる一幕もあった(関連記事:KDDIがFirefox OSスマホを12月発売へ、田中社長が宣言)。

リクルートホールディングスは、2月のMobile World Congressに続いてFirefox OS対応のカメラアプリ「cameran」を出展。新たにグルメ情報サイト「ホットペッパー」のアプリを公開した(写真1)。

写真1●「ホットペッパー」のFirefox OS向けアプリ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本でFirefox OSの開発者向け端末として7月に発売した「Flame」も販売していた(写真2)。現時点ではまだ日本語に対応していないものの、KDDIの協力により対応を進めているという。

写真2●開発者向け端末「Flame」も販売していたが、日本語対応はまだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら