Hitach Incident Response Team

 3月13日までに明らかになった脆弱性情報のうち、気になるものを紹介します。それぞれ、ベンダーが提供する情報などを参考に対処してください。

BIND 9.10.3-P4、9.9.8-P4リリース(2016/03/09)

 BIND 9.10.3-P4、9.9.8-P4では、サービス拒否攻撃を許してしまう脆弱性(CVE-2016-1285、CVE-2016-1286、CVE-2016-2088)を解決しています。

 脆弱性CVE-2016-1285は、制御チャンネルの入力処理の不具合により、不正なパケットを受信した場合にnamedが異常終了するというものです。BIND 9.2.0以降が稼働するコンテンツサーバー(権威DNSサーバー)とキャッシュDNSサーバーに影響があります。

 脆弱性CVE-2016-1286は、DNAMEリソースレコードの署名処理の不具合により、不正な署名レコードを含むDNS応答を受信した場合にBIND 9.0.0以降のnamedが異常終了するというものです。

 脆弱性CVE-2016-2088は、DNS cookie処理の不具合により、複数のCOOKIE OPTオプションを含む不正なパケットを受信した場合に、BIND 9.10.0以降のnamedが異常終了するというものです。DNS cookieは、DNSパケットにHTTPと同様のクッキーを加えることで、なりすましや外部からの攻撃を判別しやすくするための機能で、BIND 9.10.0から試験的に実装されたものです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら