世界のセキュリティベンダーのブログから、押さえておきたい話題をピックアップして紹介する。今回は、米グーグルが開発中の「Google Glass」について。ドバイの警察が犯罪対策のために導入することを英ロイターが報じたと、スロバキアのイーセットがブログで紹介している。ドバイ警察が独自開発したソフトウエアが、Google Glassと指名手配者のデータベースを接続する仕組みだという。

 イーセットがブログで引用したオンラインマガジン「Slate」の報道によると、ドバイ警察はまずテスト段階として、Google Glassを交通違反の捜査や違反車両の追跡などに使用する。順調にいけば、顔認識プログラムのために刑事や警官に配布する。

 しかしグーグルはこれまで顔認識ソフトウエアの開発を禁じている。昨年同社は、「強力なプライバシー保護策が整わない限り、当社の製品に顔認識機能を追加しない。それを踏まえ、現時点でいかなる顔認識Google Glass用ソフトウエア(Glassware)も承認しない」と宣言した。

 それでも、開発者がそうしたソフトウエアを開発してGoogle Glassにサイドローディングするのをやめさせることはできない。「NameTag」などのように顔認識機能を備えながらグーグルのプライバシーチェックを受けずに、開発者向けに公開されているソフトウエアもある。

 犯罪対策にGoogle Glassの導入を検討するのはドバイ警察が初めてではなく、ニューヨーク市警察(NYPD)は今年2月から試験利用している。NYPDは、「我々はGoogle Glassをいくつか手に入れ、主にパトロールなどの捜査に使えるか試している」と述べた。

 Google Glassは1セット1500ドルと高価だが、ドバイ警察の気前の良さはよく知られている。昨年、ドバイ警察は1台40万ドルの高級車ランボルギーニを導入する計画を発表した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら