世界のセキュリティベンダーのブログから、押さえておきたい話題をピックアップし、紹介する。今回の一つめは、米グーグルの次期モバイルプラットフォーム「Android L」に関するもの。スロバキアのイーセットが、Android Lのロック解除機能についてまとめている。少なくとも同プラットフォームを搭載した端末を複数持っているユーザーにとっては、パスワードが不要になるらしい。

 グーグルは6月に開催した開発者会議で、スマートウオッチを使ってAndroidスマートフォンのロック画面を解除するデモを実施した。ユーザーが指定した他のBluetooth対応端末でもアンロックできる。

 グーグルのChromeおよびAndroid事業担当上級バイスプレジデントであるSundar Pichoi氏は、Webアプリケーションに特化した同社の「Chrome OS」を搭載するパソコン「Chromebook」も、Android L端末があればロック解除できるようになると述べた。

 Android事業エンジニアリングディレクターのDavid Burke氏によると、スマートフォンのロック解除には、ユーザーがあらかじめ指定した位置やBluetooth端末、あるいはユーザーの声紋などの信号が使われる。

 ユーザーは、Android Lスマートフォンあるいはタブレット1台につき、ロック解除に使うデバイスを1つ指定する。指定されたデバイスがAndroid L端末に信号を送ることで、Android L端末はユーザーがいることを認識し、PINコードやパスワードを入力しなくてもロック解除が可能になる。

 しかし、それがどのように動作するか詳細は明らかではない。Android Lは6月末に開発者向けにリリースされ、一般向け公開は今秋を予定している。Android Lは開発コード名であり、正式名は、従来に従って何かデザートの名前が付けられるとみられる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら