2017年9月22日、Apple Watchの最新モデル「Apple Watch Series 3(以下Series 3)」が発売された。今回の目玉は、LTE通信機能が搭載されたセルラーモデル。LTE通信機能によって、Apple Watch単体でできることが増えたのだ。

 筆者は、初代Apple Watchを使い続けていた。主な目的は活動量計として脈拍や運動量などの記録を取るため。電話の着信やアプリの通知を確認することはあったが、Apple Watchで詳細の内容まで確認することはほとんどないため、文字盤で操作することが少ない。そのため初代Apple Watchでもとくに不満を感じることがなかった。

 そんな筆者がSeries 3を自腹で購入した決め手は、iPhoneの通信事業者がソフトバンクだったことが大きい。

 実は、セルラーモデルのLTE通信は格安SIMに対応していない。LTE通信を使うには、ソフトバンク、au、ドコモのいずれかの通信事業者と契約する必要があるのだ。

 そのため「格安SIMだからSeries 3のLTE通信を使えない」と嘆く知人も少なくない。しかし筆者の場合、セルラーモデルを購入しiPhoneのオプションを申し込むだけでLTE通信を利用できる。せっかくセルラーモデルを使える環境にあるのだから試しに使ってみたいと考えた。

 Series 3を使ってみて分かったのは、Series 3単体で使える幅が広がったことで、iPhoneを持ち歩かなければいけないということがなくなり、気持ちに余裕ができたことだ。実際に使い始めて2週間。セルラーモデルを使うことによって起きた生活の変化を中心に、レビューしていきたい。

LTE通信の申し込みは自宅で完了

 購入したのは初代と同様42mmのケース。GPS + セルラーモデルの「スペースグレイアルミニウムケースとダークオリーブスポーツループ(4万8800円)」を選んだ。

 初代Apple Watchと比較すると、Series 3の外観はほぼ同じ。厚みと重量がわずかに増えているはずだが、見た目では分からない。はじめて腕にはめたとき、わずかな違和感を覚えたが、それもすぐに慣れてしまった。初代のスポーツバンドに比べ、やわらかい素材のスポーツループは予想以上につけ心地がいい。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
初代Apple Watchと比較。しばらくSeries 3を使い続けた後に初代をつけると軽い感じがした

 ペアリング済みのiPhoneで「自動切替」をオンにしておくと、腕にはめたApple Watchを認識して接続される。筆者は帰宅後や睡眠時に初代Apple Watchに付け替えたり、外出時に気分で変えたりしている。これで、24時間の活動量を計測できるようになった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「自動切替」をオンにしておけば、気分に応じて初代Apple Watchを使うのも簡単だ

 LTE通信の契約については、iPhoneのWatchアプリの「モバイル通信」の設定から行うため、通信事業者の店舗まで行く必要はない。電話番号はiPhoneと同じものを利用できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら