リコーの「RICOH THETA」シリーズは、全天球の静止画と動画を撮影できる360度カメラシリーズだ。10月末に発売された「RICOH THETA SC」はその最新モデルで、上位モデル「RICOH THETA S」並みのスペックを持ちながら、実売価格を3万2000円前後に抑えたモデルとなっている。

 製品としてはすでに4モデル目だが、従来モデルよりも1万円ほど価格が下がったことで、“お手軽感”が強くなった。VR(仮想現実)の盛り上がりで、最近になって360度動画の撮影に興味が出てきたという人もいるだろう。また、昨年から今年初めにかけて、撮影した全天球の静止画や動画を加工するアプリもそろい、活用の幅も広がっている。忘年会や新年会など飲み会が多いこれからのシーズン、仲間や家族と盛り上がるのにも活躍しそうだ。

 そこでこの記事では、どんな写真や動画が撮れるのか、撮影後はどんなことができるのか、実際に試してみた。

リコーの360度カメラ、「RICOH THETA SC」。シャッターボタンを押すだけで、全天球の静止画や動画を撮影できる。実売価格は3万2000円前後
[画像のクリックで拡大表示]
本体のほかに収納ケース、USBケーブルが付属する
[画像のクリックで拡大表示]
約102gと軽く、4色のカラーバリエーションがある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら