KDDIは2015年11月17日、同社の「LTEデータプリペイド」サービスがアップルのSIMカード「Apple SIM」に対応したことを発表した(写真1)。

写真1●アップルの「Apple SIM」
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple SIMは、アップルが2014年10月に発表したiPad Air 2およびiPad mini 3と同時に登場したSIMカード。これまで米国など海外を中心に展開してきたが、日本のキャリアとしてはKDDIが初めて対応した(写真2)。

写真2●Apple SIMのパートナーとして「au」が追加
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 この日本初というApple SIM対応プランの使い勝手はどのようなものか、本記事では実際にApple SIMを契約した体験を交えながら解説する。

Apple SIMでiPadのデータ通信がより快適に

 2014年10月、アップルがApple SIMを発表した当時には、キャリアが担ってきた携帯電話の回線契約にアップルが介入し、主導権を握ろうとしているのではないか、との指摘が相次いだ。

 確かにアップルは、iPhone 6sと同時に米国で発表した「iPhone Upgrade Program」において、端末の割賦販売を置き換える新たな販売モデルを導入しており、キャリアの事業領域を侵食している感は否めない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら