ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏が、Apple Watchを再検証。なぜ期待ほどヒットしなかったのか、盛り返すためには何が必要かを検証します。

 Apple Watchが登場してから、およそ半年が経過した。当初の熱狂ぶりは急速に冷めた感が否めない。人々の期待が大き過ぎたのか? もしくは何か別の理由があるのか? 戦々恐々としていた時計業界の関係者は、ホッと胸をなで下ろしていることだろう。

 とはいえ個人的には、Apple Watchはこれからだと思っている。そんな先の展望を含めつつ、現時点のApple Watchを再確認してみたい。OSが「watchOS 2」へと進化したことを踏まえて検証していくのは以下の3ポイントだ。

【ポイント1】 なぜApple Watchを装着しなくなったのか
【ポイント2】 Apple Watchならではの便利な機能とは?
【ポイント3】 Apple Watchが盛り返すためには何が必要か
写真のWatchフェイスは新しく搭載されたタイムラプスだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら