KDDI傘下のUQコミュニケーションズ(東京都港区)は2017年10月23日、新機種・新サービスの記者向け体験会を実施した。そこで発表されたスマートフォンの新機種は国内メーカーの低価格モデルのみ。一見すると地味ではある。だが、この発表が大手携帯電話事業者(キャリア)の端末戦略の今をよく表している。NTTドコモやソフトバンクなど、他の大手キャリアも国内メーカーを起用した安心かつ低価格スマホの提供に注力し始めている。各社に共通する狙いは50代以上の開拓だ。

UQ mobileの新機種は国内メーカー2機種

 UQコミュニケーションズの発表会で注目を集めたのは、やはりモバイル通信サービス「UQ mobile」向けに提供される2つのスマートフォン新機種である。1つはシャープ製の「AQUOS sense」。安価なモデルながらフルHDのIGZO液晶ディスプレイを搭載するなど、コストパフォーマンスの高さと使い勝手の良さを両立している点が特徴だ。すでにNTTドコモやKDDI(au)からの発売も決定している。

UQ mobileの新機種の1つ「AQUOS sense」。すでにNTTドコモやauからの発売が発表されているモデルだ。写真は10月23日のUQコミュニケーションズ・新商品タッチ&トライ会より
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてもう1機種は、富士通コネクテッドテクノロジーズ(神奈川県川崎市)の「arrows M04 PREMIUM」だ。こちらは、同社がMVNO(仮想移動体通信事業者)などに向けて提供しているSIMフリースマホ「arrows M04」の上位機種である。

 変更点はarrows M04と比べてメモリーを2GBから3GBへ、ストレージを16GBから32GBへと増強していることが挙げられる。さらにUQ mobileオリジナルのカラーとしてレッドが追加された。

「arrows M04 PREMIUM」は、ハンドソープで洗えるスマホ「arrows M04」のスペックを一部向上させたモデル。UQ mobileオリジナルカラーとしてレッドが追加された。写真は10月23日のUQコミュニケーションズ・新商品タッチ&トライ会より
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの端末はいずれも発表済みのモデルで、多少の違いがある程度で驚きはない。しかも昨年の同時期には12機種もそろえていたことを鑑みると、大幅にトーンダウンしたようにも見える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら