もはや中国の消費者に見向きもされなくなったフィーチャーフォンだが、モバイルバッテリーにもなるモデルが登場したという。最初は「なぜ?」と思ったが、通話専用端末とタブレットの2台持ちならあり得る組み合わせだ。

 気になった筆者は、地元民でもあまり近寄らないという場末感あふれるエリアのモバイルショップを訪れた。数軒あるモバイルショップの中で、フィーチャーフォンを扱っていたのはそのショップのみ。フィーチャーフォンはそれくらいレアな存在になっているのだ。

 店先には「69元」「99元」「199元」「299元」(1元は約15万5000円)の文字、つまり価格が書かれた紙が貼ってある。しかも、ショーケースに並ぶ端末は人気のオッポ(oppo)にあやかった「obqc」という偽ブランドだったりして怪しいことこの上ない。「充電宝手机(モバイルバッテリーケータイ)はあるか?」と聞くと、「たくさんあるぞ」と店主がいくつか商品を出してくれた。値段はどれも199元(約3080円)だと言う。もちろん店頭で動作確認してから購入した。

整備された表通りと違って生活臭が漂う裏通りにそのショップはあった
[画像のクリックで拡大表示]
昨今は、この手の怪しいモバイルショップはあまり見かけなくなった
[画像のクリックで拡大表示]
キンキラのスマホをはじめ、いかにも偽ブランドっぽい製品が並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
obqcの製品。そもそもブランド名の読み方が分からない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら