アップルの高性能ノートパソコン「MacBook Pro」の新型が登場。キーボードの最上段に、スマホのような感覚で表示や操作が可能なタッチ式のディスプレイを搭載した
[画像のクリックで拡大表示]

 米アップルは2016年10月28日、高性能ノートパソコン「MacBook Pro」の新型を発表した。大きな特徴が、キーボード最上段のファンクションキーを廃止し、「タッチバー」と名付けられたタッチ式の有機ELパネルを搭載したこと。文字変換の際に候補を表示したり、利用しているソフトによって自由に表示や機能を変えて操作できるようにした。スマホ感覚で扱える操作デバイスの搭載で、パソコンの利便性が向上しそうだ。

 13型と15型の2種類の液晶サイズを継承しながら、従来よりもさらに薄型軽量に仕上げ、可搬性を高めた。CPUやSSDの改良により、処理性能も高めている。ボディーカラーは、従来のシルバーに加え、新たにスペースグレイを追加。「性能に妥協したくないが、日常的に持ち運べるノートパソコンが欲しい」と考えるユーザーに売り込む。

 実売価格は、13型モデルが14万8800円~19万8800円、15型モデルが23万8800円~27万8800円。ともに10月28日(金)から販売を開始するが、一部のモデルを除いて出荷には3~4週間かかる見込み。

13型液晶モデル(左、2560×1600ドット)と15型液晶モデル(右、2880×1800ドット)の2種類を用意する。どちらも本体はかなり薄い
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら