ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏が、新しい「Microsoft Office」を2回にわたってチェックしていく。第2回は「がっかり編」だ。

 今回は、Office 2016について僕ががっかりした点を3つピックアップする。前回も書いたように、基本的にOffice 2016は使いやすく、よくできたソフトだと思う。ただ、「次のアップデートではここが改善されるだろう」と期待していたポイントでは、いくつかが肩すかしにあったのが残念でならない。

 前回、変わらないのはいいことだと書いたが、それはあくまでも操作性の話である。機能があまり変わっていないのは、やっぱり物足りない気がしてならない。まずは、そんな部分からチェックしていこう。

【ポイント1】 画期的な新機能がない割に価格が高い
【ポイント2】 タッチ操作で使いやすくならなかった
【ポイント3】 Office 365のアカウントが無駄になる

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら