[画像のクリックで拡大表示]

 2016年9月16日、iPhone 7 / 7 Plusが発売された。筆者はソフトバンクを利用しており、iPhone 7 Plusについても当然ソフトバンクの端末を購入するつもりだったが、在庫が多そうなApple Storeで買おうと考えていた。実は、キャリア版のiPhoneはApple Storeの実店舗でも販売しており、店舗で受け取るのであればアップルのサイトから予約できる。

 そこで、iPhone 7の予約開始日にアップルのサイトへアクセスしたが、予約サイトはつながりにくくなっていた。早く予約しようと焦っていたせいか、キャリア版端末の予約方法が分からなくなり、しかたなくSIMフリー版の端末を予約した。

 SIMフリー版iPhoneであれば、どのキャリアのSIMでも利用できる。ソフトバンクのSIMを挿せば今までと同様にiPhoneを使い続けることもできるが、これを機に格安SIMに乗り換えようと考えた。

 実は、以前から通信料金を削減できる格安SIMに興味があり、乗り換えを検討してきた。ただ、面倒くさがりのため、乗り換えずソフトバンクユーザーのままできてしまっていたのだ。今回は、自分の不注意ではあるものの、乗り換える絶好のタイミングだ。さっそく、どの格安SIMがいいのか検討を始めた。

データ通信料が格段に安く

 せっかく格安SIMに乗り換えるのなら、すこしでもお得に使いたい。そのためには、現状の環境を確認することから始めた。

 筆者はソフトバンクでは通信容量2GBのプランに加入していたが、データ通信だけで月3780円かかっていた。また、よくノートパソコンやiPadを外に持ち出して仕事をしているので、モバイル通信は必須。iPhoneでテザリングすると2GBでは全く足りない。ただ、大容量プランへ変更するのも面倒なので、これまではWiMAX(月3696円)を使っていた。

 WiMAXは7GBまで使えるので、あわせて9GB、データ通信料の総額は毎月約7500円となる。一方、格安SIMは数多くあるが、10GBの容量なら月2500円前後といったところが相場。格安SIMに乗り換えれば、格段に安い料金でこれまで以上の通信容量を使えるはずだ。

通信容量2GBのプランはiPhone単体でもきつく、容量の上限に達しそうになるときが時折あった。そのためノートパソコンを使う場合はWiMAXも使用していた。格安SIMの大容量プランに乗り換えれば、契約が1つにまとめられるうえに通信量に余裕も出るはずだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら