格安スマホは通話料金が高いのが弱点。ですが2枚のSIMカードを装着できるSIMフリースマホに、ドコモの通話定額を契約したSIMと格安SIMの2枚を入れると、「話し放題の格安スマホ」になります。どれだけ得になるのか試算しつつ、利用する際の注意点をまとめました。

[画像のクリックで拡大表示]

「話し放題の格安スマホ」を作れるように

 ファーウェイの「P8lite」やASUSの「ZenFone 2 Laser」など、2枚のSIMカードを同時に装着できるデュアルSIMタイプのSIMフリースマートフォンが増えている。

 デュアルSIMは本来、ヨーロッパや東南アジアなど、日常的に国境を越える機会が多い地域で活躍する端末。デュアルSIMスマホであれば、空いているSIMカードスロットに現地のSIMカードをセットするだけでいいので簡単だ。単純に手間が省けるというだけでなく、抜き取ったSIMカードを紛失するリスクも減らせる。

 一方、全国どこでも同じ料金で通信できる日本でも、海外とは異なるデュアルSIMの活用法がある。それは、現在の格安SIMにおける最大の弱点である「通話料金」の節約だ。

 格安SIMの通話料金は従量制で、30秒当たり20円が掛かる。1カ月で1時間30分(1日当たり3分)発信した場合、毎月3600円も掛かってしまう。「楽天でんわ」や「G-Call」といった通話料割引サービスを併用すれば半額の1800円で済むが、通話を発信した分だけ請求されることに変わりはない。

 これに対し、現在の大手携帯電話会社では、音声通話が掛け放題となる通話定額プランがメインだ。例えば、NTTドコモは月額料金2700円の「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」を提供している。格安SIMから1時間8分(割引サービスを使う場合は2時間15分以上)電話を掛けると通話料金が2700円を超えてしまうので、長電話をするユーザーは「カケホーダイプラン」を併用した方が、毎月のコストは安くなるはずだ。

 そうは言っても、通話定額プラン専用のスマホと格安SIMを入れたスマホ2台持ち歩くのは面倒だし、通話定額を目当てに大手携帯電話会社のスマホを利用すると、通信料金が高くなる。

 そこで活躍するのが、2枚のSIMカードが使えるデュアルSIMスマホというわけ。スマホの2つのSIMカードスロットに、格安SIMと通話定額を契約したNTTドコモのSIMカードを挿入することで、SIMフリースマホを「話し放題になる格安スマホ」に変身させてしまおう、というのが今回の記事の狙いだ。

 ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンクは月額料金を1700円と安く抑え、1回の通話発信のうち5分までは無料で使える新しい通話定額プランを発表している。これだと通話料金を更に抑えられそうに思えるが、新しい通話定額プランは3社ともデータ通信プランへの加入が必須となるため、残念ながら「話し放題の格安スマホ」には使えない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら