iPhone 8/8 Plusで改良された機能の1つに充電方法がある。新たに、Qi規格のワイヤレス充電に対応し、iPhoneを充電台の上にポンと置くだけで手軽に充電できるようになった。ケーブル接続の手間がないのは本当に便利だが、充電速度が遅いという欠点がある。市販のQi規格のワイヤレス充電パッドを使った場合は、バッテリー残量5%のiPhone 8 Plusを50%まで充電するのに2時間半以上もかかったというデータもある(「新iPhoneのワイヤレス充電をテスト、実はかなり遅い?」による)。

 だが、iPhone 8/8 Plusはワイヤレス充電とともに、これまでにない高速充電機能がコッソリ追加されていた。USB端子経由で大容量の電源を供給できる「USB PD」(USB Power Delivery)への対応だ。アップルのWebサイトでは、USB Type-C出力のACアダプター「Apple USB-C電源アダプタ」と「USB-C-Lightningケーブル」(それぞれ別売)を用いることで、30分間で最大50%もの急速充電ができるとされている。

9月12日(現地時間)に米国で開かれたスペシャルイベントで公開されたスライド。最下段にコッソリ「Fast-charge capable」(急速充電に対応)と記載されているのが分かる
[画像のクリックで拡大表示]
アップルのWebサイトを見ても、「高速充電に対応:30分で最大50%充電」とコッソリ明記している
[画像のクリックで拡大表示]
USB PDに対応したMacBook付属のACアダプターを使うと、iPhone 8/8 Plusで急速充電が可能になる仕組みだ
[画像のクリックで拡大表示]

 実際にそのような急速充電が可能なのか、早速試してみた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら