[画像のクリックで拡大表示]

 スマホなどの通信料金が安くなる「格安SIM」。2016年は市場が大きく伸びているが、ここにきて大物プレーヤーが参入した。

 2016年9月21日、LINEの子会社であるLINEモバイルが、格安SIM「LINEモバイル」の本格販売を開始したのだ。

 LINEモバイルの特徴は、LINEのサービスとの親和性が高いこと。例えば、料金プランは、LINEのトークや無料通話の通信料金などが無料の「LINEフリープラン」が用意されている。

 また、LINEアプリでID検索を利用する場合、ユーザーの年齢が18歳以上であることを確認するため、大手携帯電話会社のオンラインアカウントによる年齢認証が必要だ。従来の格安SIMでは年齢認証が行えなかったが、LINEモバイルは格安SIMとして唯一LINEの年齢認証に対応しており、ID検索も使えるようになる。

 このほかにも、SMS機能を持たないデータ通信SIMでもLINEのアカウントを作成できたり、月額料金の1パーセント分にあたるLINEポイントが毎月たまるなど、LINEモバイルはLINEの子会社が運営する格安SIMならではの特徴を備えている。

 だがLINEモバイルは、本当にお得なサービスなのだろうか。そこで、日経トレンディネットの専門サイト「格安SIMとSIMフリースマホの選びかた」では他の格安SIMと比べながら、そのお得度を詳しくチェックした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら