Windows 10はWindowsとして「最後のバージョンになる」といわれている。もう番号が変わる新しいバージョンは登場せず、今後は大型のアップデートで機能を拡張していくということらしい。ということで、昨年11月のアップデートに期待していたのだが、音声アシスタントの「コルタナ」が使えるようになった程度だった。

 さて、8月2日から配信されているWindows 10登場1周年の「アニバーサリーアップデート」はどうか(関連記事:Windows 10は1周年記念アップデートでどう変わった?)。今度こそ大きく変わってくれるのだろうと期待していたのだが、ふたを開けてみたらがっかりだった。今回は、なぜがっかりなのかを軸に以下の3ポイントをチェックしていこう。

【ポイント1】 見た目はほとんど変わっていない
【ポイント2】 手書き機能は目玉と言えるほどのデキではない
【ポイント3】 Edgeは当たり前に進化、コルタナは微妙だ
アニバーサリーアップデートは、ダウンロードしてインストールする必要がある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら