海外用SIMを日本で買える

 大手携帯電話会社よりも安い通信料金でスマートフォンを使える「格安SIM」が人気だ。ただ、格安SIMには、大手携帯電話会社に対していくつかの弱点がある。その1つが、海外におけるデータ通信の利用だ。

 大手携帯電話会社のスマホは、提携事業者のネットワークを介することで、海外でも音声通話の発着信やデータ通信が利用できる「ローミング」に対応している。NTTドコモの「海外パケ・ホーダイ」(1日当たり最大2980円)や「海外1dayパケ」(1日当たり980円から)のように、渡航先のデータ通信料金が定額になるオプションも提供されている。

 一方、日本国内で契約した格安SIMの場合、海外でのローミングに対応しているのは音声通話のみで、データ通信のローミングには対応していない。渡航先でデータ通信を行うには、現地の通信会社が販売しているプリペイドSIMを購入する必要があった。

 そんななか、海外でデータ通信が利用できるプリペイドタイプの格安SIMを提供する通信会社がいくつか登場している。日本国内でSIMカードを購入したり、現地で使う通信料を事前に国内でチャージしたりできるので、渡航後にプリペイドSIMを買い求めるよりも手軽だ。

 利用できる端末のは「W-CDMA(UMTSとも)」の通信規格に対応した、SIMロックのかかっていないスマホ。国内で購入できるSIMフリースマホのほとんどが該当するほか、大手携帯電話会社の一部機種でもSIMロックを解除すれば利用できる。だが、海外で利用できる格安SIMは、大手携帯電話会社のローミングサービスよりも本当にお得なのだろうか。

 そこで、格安SIM選びをサポートする日経トレンディネットの専門サイト「格安SIMとSIMフリースマホの選びかた」では、日本国内で購入できる主な海外用プリペイドSIMの料金をチェックし、お得に使えるのか検証してみた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら