スマートスピーカーが話題になっている。米国では2月にアップルも製品を発売すると発表し、さらに盛り上がりを見せそうだ(関連記事:アップル「HomePod」2月登場、日本での販売は未定)。個人的には「流行は来ない」と思っていたのだが、しばらく使ってみると意外と便利で、手頃な価格ならある程度ははやるだろう。

 そんな状況に負けてなるものかと、富士通はスマートスピーカーに近い機能「ふくまろ」をパソコンに搭載してきた。今回は、しばし「ふくまろ」と過ごしてみた感想をお届けしよう。

 使用したパソコンは、27型液晶を搭載する「FMV ESPRIMO FH90/B3」だ。最近はデスクトップの人気が芳しくないが、久々に大画面の一体型を自宅に置いてみて、ちょっと新鮮な気持ちになった。27型なら家族で共有するテレビ&パソコンとして居間などに置いても十分なサイズだろう。レコーダーとしての機能も搭載しているので、オリンピックを見据えて、こんなモデルを買うのも悪くなさそうだ。

「FMV ESPRIMO FH90/B3」は富士通製デスクトップの最上位モデル。狭額縁なので昔の一体型に比べると同じ液晶サイズでもコンパクトだ
[画像のクリックで拡大表示]
画面上部のウェブカメラが格納式になっているなど、狭額縁を徹底して主張するデザインはなかなかいい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら