KDDI(au)は2015年1月19日、春商戦に向けた新製品・サービス発表会を実施した。VoLTE対応機種を増やしただけでなく、シニアや子供などに向けたスマートフォン、そして、Androidを搭載した折りたたみ式のフィーチャーフォン(従来型携帯電話)「AQUOS K」を提供するなど、端末面を中心に新しいチャレンジを進めている。そんなauの狙いはどこにあるのだろうか。

シニア向けスマートフォンを遂に投入

 携帯電話3キャリアの中でも、最大の商戦期となる春商戦に合わせて新製品を投入するなど、力を入れているのがauだ。そのauはさる1月19日、新製品・サービスの発表を実施した。春商戦に向けた新戦略を発表している。

 中でも今回、auが力を入れていたのは端末だ。auは冬商戦では、LTEネットワーク上で音声通話ができる「VoLTE」を用いた音声通話サービス「au VoLTE」を導入したことを強くアピールしていたが、一方で、対応する端末が「isai VL」「URBANO」の2機種のみであるなど、対応端末の少なさが、マイナスのイメージを与える側面もあった。

 そこで今回の新製品発表会では、au VoLTEに対応したスマートフォン3機種を追加。冬商戦向けの2機種と合わせて5機種をそろえたことで、ユーザーの選択の幅がようやく広がった。ちなみに、今回追加された3機種は、auの人気シリーズ「INFOBAR」の最新モデル「INFOBAR A03」をはじめとして、ディスプレーサイズが約4.5インチのコンパクト・ハイエンドスマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV31」、そして、au初のシニア向けモデルの「BASIO KYV32」だ。

 これらの中でも、特に注目されるのが、BASIOだ。auは従来シニア向け端末は用意せず、シニアにも受け入れられる端末として、「URBANO」シリーズを提供。「auスマートサポート」などサポート面の強化で、使い方を理解してもらう取り組みを進めてきた。それだけに、このタイミングで、他社に追随してシニア向け端末を投入してきたのには、大きな戦略上の変化を感じずにはいられない。

 KDDIの田中孝司社長によると、その理由として、やはり、50~60代以降の世代におけるスマートフォンの普及率が低いことを挙げている。スマートフォン利用の間口を広めるためには、サポート面のアピールだけでなく、端末面でも“シニア向け”であることを明確にする必要があると判断し、BASIOの投入に至ったといえそうだ。

auは1月19日に新製品・サービス発表会を実施。スマートフォンなどの新機種を主軸として、学割など春商戦に向けた取り組みをアピールした
[画像のクリックで拡大表示]
au初となるシニア向け端末「BASIO KYV32」。画面を押し込むと反応するなどの仕組みはないが、インターフェースでシニアが操作しやすい工夫を盛り込んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら