10月に始まったWindows 10の大型アップデート(関連記事:Windows 10がまた大型アップデート その内容は?)も、すでに多くの人に行き渡ってきただろう。その目玉となっているWindows Mixed Reality対応ヘッドセットも、各社の製品が発売されて店頭に並ぶようになってきた。

エイサーのWindows Mixed Reality対応ヘッドセット。各社の対応ヘッドセットはいずれもコントローラーとセットで5万~6万円ほど
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし現在のところ、日本で販売されているヘッドセットのスペックはどれも同じで、コントローラーも同じものだ。違いは価格、デザイン、装着感や頭に固定するバンドの締め方などだ。そのうちのひとつ、日本エイサーの「Acer Windows Mixed Realityヘッドセット」(AH101)を使って、Windows Mixed Realityとはどんなものなのか体験してみた。

日本では、デル、エイサー、HP、富士通、レノボの5社の製品が発売されている。スペックはほぼ同じで、価格、デザイン、バンドの締め方が主な違い
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら