大阪城公園が連日、観光客で大にぎわいである。ほんの2年前までは天守閣の博物館以外は何もなく、ひたすら散策するだけの場所だった。だが、今や会議やイベント、飲食、物販で人が集まり、海外からの観光客の周遊バスも集中し、京都や奈良の名刹に負けない一大観光拠点になりつつある。きっかけは大阪市のパークマネジメント事業である。今回はその概要を見たい。

公園全体を20年間の指定管理に出す

 大阪城公園の目玉は天守閣である。ここは1日1.2万人の来場者があるが従来、大阪市の博物館協会が管理運営を行っていた(指定管理者)。しかしその他のエリアは市が公園として直営で管理していた。それを改め、公園全体を2015年4月から20年間の指定管理とした。公募を経て大和ハウス工業や電通などの共同事業体が受託した(代表者は大阪城パークマネジメント株式会社)。

 同社は天守閣等の集客、公園全体の維持管理(清掃や警備を含む)を行う。加えて事業経営と集客のノウハウを生かし、公園内にレストラン、コンビニなどの商業施設、さらに遊覧船や新たな文化施設を設置した。駐車場やランニングステーションなどの施設も整備した。VIP用に建てた迎賓館もレストラン兼会議場として一般開放した。また長年、放置されてきた旧陸軍の第4師団司令部庁舎をリノベーションし、この10月から「ミライザ」という名前の商業施設として再生させた。

 これら施設の建設費用は数十億円になるが、すべて会社が負担(施設自体は大阪市に寄付)した。こうした施設の一切を活用し、そこから得た収入で20年かけて投資費用を回収する計画である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら