前回まで3回にわたって、Date and Time APIの主な日付/時刻クラスを紹介しました。

 今回は、付随的に使用される日付クラスを紹介していきます。また、後半では既存のjava.util.Dateクラス、java.util.Calendarクラスとの変換について解説します。

その他の日付クラス

 付随的に使用される日付クラスには、以下のようなクラスがあります。

 また、以下の2つの列挙型も提供されています。

 これらは列挙型なのですが、複数のメソッドが定義されています。これら5種類は前回まで紹介したクラス群と使い方はほぼ一緒です。ここでは、それぞれの固有のメソッドについて紹介します。

Year

 java.time.Yearクラスは、その名の通り年だけを表すクラスです。Yearクラスのオブジェクト生成には、他のクラス同様に、nowメソッド、ofメソッド、fromメソッドを使用します。また、parseメソッドを使用して、ISO 8601の年表記からYearオブジェクトを生成することもできます。

 リスト1 Yearオブジェクトの生成例

// 今年を表すYearオブジェクトを生成
Year year1 = Year.now();

// 2010年を表すYearオブジェクトを生成
Year year2 = Year.of(2010);

// 2005年を表すYearオブジェクトを生成
LocalDate date = LocalDate.of(2005, Month.MAY, 1);
Year year3 = Year.from(date);

// 2000年を表すYearオブジェクトを生成
Year year4 = Year.parse("2000");

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら