Date and Time APIでは日付/時刻を表すクラスは6種類提供されています。前回は、これらのクラスの中で、時差をサポートしない日付クラスであるLocalDateクラスについて紹介しました。

 今回は、その続きで、やはり時差をサポートしないLocalTimeクラスとLocalDateTimeクラスを紹介します。

LocalTime

 java.time.LocalTimeクラスは時刻を表すクラスです。java.time.LocalDateクラスと同様に時差をサポートしません。

 また、多くのメソッドがLocalDateクラスと同じような名称になっています。もちろん、LocalTimeクラスは日付は扱えないので、機能を時刻に置き換えたものとなっています。

生成

 LocalTimeオブジェクトの生成は、LocalDateクラスと同様に3種類のメソッドで行います。

  • now 現在の時刻から生成
  • of 時刻を指定して生成
  • from 他の時刻を表すオブジェクトから生成

 nowメソッドには3種類のオーバーロードがあるのもLocalDateクラスと同様です。使い方もLocalDateクラスと同様で、引数なしはデフォルトタイムゾーンの時刻を使用します。また、タイムゾーンを指定して生成する場合と、システムクロックから生成する場合があります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら