米Appleが今年(2015年)6月末に世界100カ国以上で開始した音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の課金が順次始まった。

 同サービスでは3カ月間の無料トライアル期間を設けているため、これまですべてのユーザーが無料で同サービスを利用してきた。だがいち早くサービス開始当日に利用を始めたユーザーは、9月30日をもって無料期間が終了。自動更新をオンにした人を対象にこの日から課金が始まった(写真)。

写真●2015年9月30日から順次課金が始まった「Apple Music」(出典:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple Musicを巡っては、先ごろ同社のEddy Cueインターネットソフトウエア/サービス部門担当上級バイスプレジデントが、「サービス開始から約1カ月でユーザー数が1100万人になった」と述べ、その好調ぶりをアピールしていた。米New York Timesによると、この1100万人という数はAppleの競合である英Spotifyの有料会員数の半数を超え、約1カ月の成果としては上々と評価するアナリストもいる。Spotifyが7500万人(うち有料会員は2000万人超)の会員を獲得するまでに7年かかったからだ。

 だが、同紙をはじめとする米メディアは、この時点におけるユーザーはすべてが無料利用のため、同サービスに対する評価が明らかになるのは、課金が始まってからだと指摘していた。

 Apple Musicの利用料金は、個人メンバーシップが1カ月9.99ドル(日本では980円)、家族6人までがそれぞれのApple IDで利用できるファミリーメンバーシップは同14.99ドル(日本では1480円)。だが果たして、こうした料金を毎月支払い、音楽を楽しもうという人がどれだけいるのか、音楽業界を中心に議論の的になっていると、米メディアは伝えている。

【関連記事】

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら