先ごろ、韓国Samsung Electronicsのアジアにおけるスマートフォンの市場シェアが低下したと伝えられた。同社は依然として世界市場で出荷台数が最も多いメーカー。だかここ最近はアジアをはじめとする新興国市場で台数が伸びず、苦戦している。

 市場調査会社の英Canalysによると、今年4~6月の中国におけるスマートフォン出荷台数は、同国のXiaomi(シャオミ=小米科技)が前年同期比240%増の1500万台となり、Samsungを抜いて初めて首位に浮上した。これに対し、Samsungは同15%減の1320万台で、約2年半ぶりに2位に転落した。

 また香港の市場調査会社、Counterpoint Technology Market Researchによると、4~6月のインドにおけるスマートフォンを含む携帯電話の出荷台数は、インドのメーカー、Micromax InformaticsがSamsungを上回り、初めて首位になった。スマートフォンではSamsungのシェアは25.3%で、同社は依然首位。だがここでもMicromaxが躍進しており、19.1%のシェアでSamsungに迫っている。

 米Wall Street Journalによると、Samsungは東南アジアでも首位を維持している。だが、そのシェアはインドネシア、マレーシア、ベトナムで軒並み低下している。

 こうした状況を反映してか、米IDCは先ごろ公表した世界スマートフォン市場調査でSamsungの出荷台数が3.9%減少したと報告した。一方で米Apple、中国Huawei Technologies(華為技術)、中国Lenovo Group(聯想集団)など上位5社は伸びており、中でもHuaweiとLenovoの成長は目覚ましいとIDCは報告している。

【関連記事】

Samsung、スマホ不振でモバイル事業が2割減収

 Samsungと言えばテレビなどの家電が中心の企業というイメージがあるが、ここ最近の主力製品はスマートフォンだ。例えば今年4~6月期の決算(PDF書類)を見ると、スマートフォンを手がけるIT・モバイル機器の事業の売上高が28兆4500億ウォンで最も多い。これに次いだのが半導体を含むデバイス事業で16兆2300億ウォン。これに対し家電事業の売上高は13兆ウォンだった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら