米国の市場調査会社IDCが先ごろ公表したスマートフォン市場に関する調査によると、今年4~6月期における世界出荷台数は3億4330万台で、前年同期からの伸び率は0.3%と、ほぼ横ばいだった。世界スマートフォン出荷台数は、2四半期連続で成長が見られなかった。

 同四半期の出荷台数をメーカー別に見ると、韓国Samsung Electronicsが7700万台で首位を維持し、これに米Appleが4040万台で次いだ。そして、このあと中国Huawei Technologies(華為技術)の3210万台、中国Oppo Mobile Telecommunications(広東欧珀移動通信)の2260万台、中国vivo(維沃移動通信)の1640万台と続いた。

 このうち首位のSamsungの出荷台数は前年同期から5.5%増えたが、Appleは同15.0%減少した。iPhoneの出荷台数は過去7四半期で最も低い水準となった。一方で、3位のHuaweiは同8.4%増加。また中国市場以外ではあまり名の知られていないOppoとvivoはそれぞれ136.6%増、80.2%増と急速に伸びている。

【関連記事】

Tim Cook CEOの訪中、その意味は?

 こうした中、AppleのTim Cook最高経営責任者(CEO)がこの8月に中国を緊急訪問したと伝えられた。同氏は今年5月にも中国を訪問しており、わずか3カ月で2度の訪中は異例。これが何を意味しているのかと話題になった。

 その目的については明らかになっていないが、iPhoneの販売が落ち込む中、中国事業のテコ入れを図っているのではないかと見られている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら