パソコンでは、セキュリティアップデートを実施してOSを常に最新の状態に保つのも重要なセキュリティ対策である。ウイルスに感染しても、セキュリティアップデートを適用していれば被害を防げるというケースが結構あるからだ。WindowsでもMac OS Xでもセキュリティアップデートを含むOSの更新版の適用は難しい作業ではないし、実施してしかるべきだ。

 ところがAndroidスマートフォンでは、この対策を実行に移せない場合がある。OSの開発元が最新版をリリースしても、通信事業者や端末メーカーがアップデートを配布しないことがあるのだ。このような場合、対策はどうすればよいのだろうか。

機種によって対応が異なる

 iOSはほぼ2年おきにメジャーアップデートが行われ、その間にも何回かマイナーアップデートが実施される。セキュリティ対策もこれらの中に含まれており、アップデートは対象となる全ての機種で適用可能である。Windowsと同様で、アップデートが提供されたらきちんと適用すればよい。

 一方Androidは、さまざまな端末メーカーがカスタマイズして組み込んでいる。そのためOSの開発元であるグーグルがアップデートを公開しても、それをユーザーに配布するかどうかは端末メーカーや通信事業者の判断次第になることが多い(図1)。半年から1年で新しい機種が発売されるAndroidスマートフォンの場合、カスタマイズの度合いなどにもよるが、少し古い機種になるとアップデートが配布されなくなるケースがある。

●AndroidのOS更新はメーカーや通信事業者がコントロール
図1 どのOSもバージョンアップが進むとアップデートが配信されなくなるが、Androidは機種によっては配信されなくなるまでの期間が短いことがある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら